嫌われる勇気もともとはアドラー心理学をもとにされたものなのですが、今回改めてフジテレビがドラマ化をしましたよね。

一体どのような戦略があったのでしょうか。その原作の内容やドラマで伝えたいことなどをそれぞれまとめていきたいと思います。

舞台でも「嫌われる勇気」がおこなわれていましたので、そのあたりも含めていきますね♪

嫌われる勇気の原作は小説?どんな内容?

嫌われる勇気の原作はアドラー心理学をベースにしています。内容としては悩み事の原点は、人間関係にあるとされています。

人間関係をいかにうまく乗り切れるかによって人生が楽しくなるかつまらなくなるかが決まるということなどをたくさん盛り込んでいます。

自分がどのように変わることが大切かなど、自己啓発できる内容になっていますよ。

自己啓発は簡単に出来そうでできません。でも、とらえ方によってはできる可能性もありますので楽しみつつ見てもらうような内容に小説も書かれていますよ。

嫌われる勇気をドラマ化したフジテレビが伝えたい事は?

嫌われる勇気をドラマ化し一番伝えたいことは組織に入れば組織に入ったなりのしがらみや、評価は出てきます。

ただその組織の中でも、嫌われる人好かれる人は分かれます。その中でいかに自分の考え方を持つ必要があるかということを言われているのではないでしょうか。

色々な見方があったとしても良いけれどポジティブに考えていきましょうという部分があります。

ミステリーと心理学の融合により今回のドラマは作られています。最近は事件やいじめが頻発しています。

そういう部分で心理学を盛り込んだこの手のお話は、結構勉強になる部分が多いのではないでしょうか。

物に対する考え方や心理的な要因を含めてどのようにしていくべきなのかという部分も考えさせられるのではないでしょうか。

過去には、舞台でまったく違うストーリーにも

過去には舞台でまったく別のストーリーでされたことがありました。

人間ドラマ模様が映し出される舞台になっているんですよね!目頭が熱くなる内容も結構含まれているようですよ~♪

内容を知らずに見た原作の作家さんが、そう評価をされていましたよ!

伝え方とにかく難しいですよね。内容もさることながら、どのようにすれば目の前の人に上手く伝えることが出来るかというところが、一番のポイントになってくるわけですから・・。

舞台内容として非常に重い内容頑張って生きることの大切さなども盛り込まれているのです。

ドラマよりも舞台の方が大変ですよね。どのように伝えていけばきちんと伝わるのかが分からないですもんね。

上手く表現が出来なければ、難しいという部分もあります。
実際に画面を通してするわけではないので直接にうつってしまうのですから。

種類はそれぞれに合って全然良いと思いますよね♪舞台物・そしてドラマ版・色々な形で放映されることにより原作が、どのように表現されるのか拝見できますしね♪