嫌われる勇気に出演中の加藤シゲアキさん実はNEWSのメンバーですよね!

ドラマでの役どころと演技の評価なども書いてみました。小説家としての評価なども気になるところです。

嫌われる勇気がドラマ化!あらすじは?

嫌われる勇気のドラマ内容ですが、あらすじは簡単にまとめると次のような内容となります。

まず一人の独身女性刑事の性格は一匹狼派です。対する相棒の男性刑事は優柔不断で評価を気にする内向的派です。そんな二人が、コンビを組むこととなりました。

独身女性刑事は大学でアドラー心理学を学んでおりその考え方がもととなり色々な行動をします。

しかし相棒はそうはいかずいつも周りの目を気にし振り回されることとなり疲労感が常にあり限界に来ていました。

そんな時に、女性刑事の恩師である大学教授と会い心理学を学ぶことを進められるのです。

学んだあとは女性刑事の考え方が理解できるようになりなぜそのような行動するのかと理解できるようになったそうです

3人で事件を次々と解決していくこととなります。原作を大きく変えた刑事ドラマ面白そうですよ♪

嫌われる勇気の加藤シゲアキの役に注目!

元々内気で人の評価が気になる性格である場合はなかなか行動に起こせないものですよね。しかし、劇的に変化をしていくのです。

加藤シゲアキさんが演じる青山年雄役は一番視聴者に存在となっています。そのため、見ている人目線で行動にするような形になるためより親しみがわきやすくなることは間違いありませんよ♪

加藤シゲアキの演技力や、小説家としての評価は?

加藤シゲアキさんの演技力や小説家としての評価なのですが、結構高評価なんですよ!

小説家としての評価は特に良いものが多いのです。アイドルが、書いたものだからというわけではなく話も構成もしっかりしていることからヒットにつながったのではないかとされています。

因みに出版されている本はこちら♪

・ピンクとグレー(2012年出版)
・閃光スクランブル(2013年出版)
・Burn.-バーンー(2014年出版)
・傘を持たない蟻たちは(2015年出版)

「ピンクとグレー」は映画化されていますし「傘を持たない蟻たち」はドラマ化されています。

「傘を持たない蟻たち」は原作・出演・歌の3つをこなすという快挙をあげています!

なかなか自分で書いたものに出演するというのはドキドキするのではないでしょうか!

結構な実力がないと執筆はできませんよね。アイドル片手に小説家という雰囲気ではなく、きちんと小説家としても向き合っている部分は真剣さそのものもうかがえますよ!

元々文章を書かれるのが好きな方だったようですので素質はあったのかもしれませんね♪

実写化されていったり出演されたりとなかなかお忙しいようですが能力あっての事であり、新人賞なども受賞できるかもしれませんね!

元々のきっかけはアイドルだとしても才能が開花したという意味ではよかったのかもしれませんね♪

まだまだお若い方ですし、これからの活躍がとても楽しみですね♪