2017年1月より、新ドラマが続々とスタートしますね。
TBS系で金曜夜10時からスタートするのは「下剋上受験」です!
家族愛がテーマになっており、中卒の親が子どもを名門中学に合格させるための日々が描かれます。
この話は実話だそうで、放送がとても楽しみですね。

下剋上受験の主題歌は斉藤和義「遺伝」

今回、下剋上受験の主題歌が、斉藤和義さんの「遺伝」に決まりました。
この曲は下剋上受験のために書き下ろされたもので、ドラマの中でも色濃く表現されている”家族間の愛情”がテーマになっています。
斉藤さんは、テレビやCMに数々の曲を提供されていますが、TBS系のドラマは初めてだそうです。
また、この「遺伝」はニューシングルとして2月22日に発売されることが決まっています!

プロデューサーの渡辺良介さんが、主題歌についてコメントしています。

それによると、この主題歌は、父親目線で、娘への愛情が詰まったものになっているそう。
斉藤和義さんは、ドラマの魂をくみ取って、力強い応援歌を作り上げてくれたということです。
全国の受験生やその家族にとって、下克上受験のドラマや主題歌が、家族の絆を見つめ直すきっかけになってくれればうれしいとコメントしていました。

どんな歌になっているのか、主題歌にも注目しましょう!

齋藤和義の主題歌ならヒットする!?過去のドラマ主題歌

斉藤さんの曲は、過去にもいろいろなドラマの主題歌になっています。
そのドラマと曲を紹介します。

〇やさしくなりたい(家政婦のミタ)
これはとても有名な曲ですよね!
ドラマがとても好評で話題となったと同時に、主題歌である「やさしくなりたい」も一気に注目されました!

〇マディーウォーター(不機嫌な果実)
こちらはナイトドラマでしたが、栗山千明さんが不倫をしてしまう役として注目されました。

〇Don’t be love feat.斉藤和義(医師たちの恋愛事情)
こちらはシシド・カフカさんとの共演となりますが、作詞、作曲も斉藤さんが作られているようです。
斎藤工さんが医師役で出演し、話題となりました。

最近のドラマ主題歌を紹介しましたが、どのドラマも話題となったドラマですよね。
話題となるドラマに斉藤さんの曲が使われているのはすごいです!
今回の下剋上受験も、たくさんの方に見て頂けるといいですね!

斎藤和義のオススメ曲ベスト5

ここからは、ドラマ主題歌とは関係なく、ぜひ聴いて欲しい斉藤和義さんの曲を紹介します。

第5位 ずっと好きだった
こちらは化粧品のCMで使われた曲です。
同窓会で再会した初恋の人との一晩を描いた歌詞になっています。
大人の純情がテーマで、とても深い曲になっています。
「ずっと好きだったんだぜ」なんて、言ってもらいたい…。

第4位 やわらかな日
カップルの会話がメインとなっている歌詞で、ぬくもりを感じられるポップな曲です。
結婚生活を思い出させるような歌詞になっており、私もこんな生活をしてみたいとしみじみ思わされました。

第3位 歌うたいのバラッド
こちらはとても有名な曲で、全ての歌うたいの人に影響を与えた一曲です。

第2位 ベリーベリーストロング~アイネクライネ
人と人との出会いと絆がテーマの曲です。
アイネクライネナハトムジークという小説とリンクしています!

第1位 真夜中のプール
この曲は、元彼女とのその後が書かれている曲です。
彼女が結婚することを友達から聞き、連絡をとって「おめでとう」と伝えます。
しかし、これは暗い曲ではなく、前向きに「おめでとう」と伝える曲となっています。

いかがでしたか?
斉藤和義さんの曲は名曲ばかりなので、これを機会にぜひ聴いてみてくださいね!