2017年の1月より放送がスタートするドラマ「下剋上受験」。
放送がまだ始まっていませんが、受験シーズンということもあり話題になっています!
注目のホームドラマですので、注目しておきましょう!

下剋上受験 ドラマのあらすじ

元ヤンキーの端くれで勉強をしてこなかった桜井信一(阿部サダヲ)は、中卒で働きだしたが性格はひょうきんで明るくガテン系。

そんな信一は元ギャルで可愛いが気が強い中卒の妻・香夏子(深田恭子)と、小学5年生の娘・佳織(山田美紅羽)と3人で暮らしています。

中卒のため、満足いく収入は得られていませんでしたが、3人で明るく仲良く暮らしていけることが何よりの幸せでした。

しかしある日、佳織が受けた全国テストの結果が偏差値41だったことに信一が不安になります。
「このままでは、娘も中卒に…?いや、娘にだけは苦労をかけさせたくない!」
と佳織に中学受験を受けさせることを決意します。
しかし、塾に行かせるお金がない桜井家。
そこで、中卒の父である信一が勉強をし、娘に教えるという無謀なことを決断します。

親子二人三脚で挑む中学受験に合格することは出来るのか!?
500日の汗と涙の日々が描かれていきます。

下剋上受験は実話!?

このお話は実話で、中卒の父親と偏差値41の娘が中学受験に挑んだ日々が書かれた本があります!

「両親は中卒でも娘は最難関中学を目指した!」と書いてあるように、原作と忠実に描かれていきそうですね!

実話でも、父親である信一さんが勉強をし、娘に教えていくという方法で受験に挑んだようです。
その最難関中学というのが「桜蔭中学」です。

女学校としては最難関で、東大へ進学する人が数多くいる学校です。
そしてここの偏差値は72。
そんな学校に受験するなんて、本当にビックリですよね!

深田恭子演じるお母さん役に注目!

このドラマでは母親・香夏子役に深田恭子さんが演じられます!

この発表を聞いてファンからは「深キョンが母親役だなんてショック」「かわいい深キョンが見たかった」など不満の声も出てきています。

深田恭子さんも今は34歳ですので、母親役を演じてもおかしくない年齢です。
しかし、今まで演じられていたのは可愛らしい役ばかりだったので、今回小学生の子をもつ母親として出演されるのは、違和感がありますね。

阿部サダヲさんと夫婦役を演じることについて深田さんは
「”俺塾”という言葉が出てくるのですが、私は”阿部塾”として、阿部サダヲさんのもとで一緒にお芝居できる空間を楽しみにしています」と期待を示していました。
「現代なのですが、何故か懐かしく感じるこの温かい家族の中で、妻として、母として、奮闘していきたいと思います」
とあまり演じたことのない役柄に、頑張っていく宣言をされていました!
どんなお母さんになっているのか、ドラマを観るのがますます楽しみになってきました。

また、役柄では「元ギャル」ということなので、もしかしたらどこかで「ギャルの深田恭子」が観られるときがくるかもしれません!
そんな楽しみも期待しつつ、放送開始を待ちましょう!