北川景子さん主演で2010年に公開された映画花のあとの動画を無料で視聴できる方法をご紹介します。花のあとは、北川景子さんが初めて時代劇に挑戦した映画です。どんな演技を見せてくれているのか、殺陣はうまく演じられていたのかなど注目して見たい映画ですね。花のあとの動画は無料視聴で楽しみましょう!

出典:https://iwiz-movies.c.yimg.jp

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS

 

花のあと(映画)動画をフル無料視聴する方法

 

花のあと(映画)の動画をフル無料視聴する方法として、TSUTAYAディスカスをご紹介します。TSUTAYAディスカスを利用すると、店舗に足を運ばなくても自宅のパソコンやスマホなどで気軽に映画などの動画を楽しめます。動画見放題プラン、定額レンタル8プラン、それを組み合わせたプランなど自身の利用状況や視聴環境によって選択できます。

 

現在TSUTAYAディスカスでは、月額2417円の見放題&借り放題プランが30日間無料キャンペーンをやっています。上手に利用して花のあとの動画の無料視聴を楽しみましょう!

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS

 

花のあとの原作は藤沢周平!

 

花のあとの原作は藤沢周平さんの同名小説です。短編集で表題作の花のあとを始め、「鬼ごっこ」、「雪間草」、「寒い灯」、「疑惑」、「旅の誘い」、「冬の日」、「悪癖」の8編で構成されています。花のあとは祖母が孫たちに自身の昔話をするという形式で物語が進行していきます。

 

原作者の藤沢周平さんは、時代小説家で数々の有名作品を残してきました。若い頃は教員として働いており、そののち記者となりました。1971年、「溟い海」が第38回オール讀物新人賞を受賞し作家として本格的に活動を始めます。1973年には「暗殺の年輪」で第69回直木賞受賞し、頭角を現し始めます。

 

藤沢周平さんの作品は、下級武士を主人公にした作品が多く、数多くテレビドラマや映画など映像化されてきました。有名な映画になった作品としては、「たそがれ清兵衛」「武士の一分」などがあります。藤沢周平さんが亡くなった今でも、毎年のように映像化されていることもあり、藤沢さんの遺した作品を目にしない年はありません。心に残る作品を遺した偉大な作家ですね!

 

花のあとの登場人物とキャスト

 

花のあとの登場人物とキャストを紹介します。主人公の以登を演じるのは北川景子さんです。以登は海坂藩の組頭の娘で、男に負けぬ剣術の持ち主です。以登は許嫁のいる孫四郎に恋をしてしまいます。演じる北川景子さんは神戸市出身の現在31歳です。この役を演じるにあたって、殺陣の練習を相当頑張ったようです。この映画にかける意気込みが伝わってきますね。

出典:https://movie.walkerplus.com

 

以登が恋焦がれる江口孫四郎宮尾俊太郎さんが演じています。孫四郎には許嫁がおり結婚しますが、ある男の謀略により切腹することになってしまいます。演じている宮尾俊太郎さんはイケメンバレエダンサーで、熊川哲也さん率いるK-BALLET COMPANYに所属しています。テレビドラマにも数本出演したことがあります。

出典:https://koukisinnoheya.com

 

以登の許嫁の片桐才助甲本雅裕さんが演じています。才助は以登の復讐を手助けし、後に以登と結婚します。甲本さんは主に映画やテレビドラマで脇役として活躍していますが、その存在感はなかなかのものですね。

 出典:http://www.alpha-agency.com

 

以登の復讐相手の藤井勘解由を演じるのは市川亀治郎(現:市川猿之助)さんです。藤井勘解由は孫四郎の妻加世と不倫の恋をしています。孫四郎を陥れ、切腹させた人間で以登の復讐相手となります。猿之助さんは、2012年に市川亀治郎改め四代目市川猿之助を襲名します。歌舞伎役者である猿之助さんは、映画やドラマでもその力強い演技で注目を集めています。

出典:http://www.k-pac.org

 

孫四郎の妻である加世を演じるのは伊藤歩さんです。加世は勘解由と不倫をしており、孫四郎が切腹するきっかけを作ってしまいます。伊藤歩さんはモデル出身で、1993年に女優としてデビューしました。モデルだったということもあり、スタイルも抜群ですよね。最近ではドラマと映画にもなった昼顔、ドラマセシルのもくろみなどに出演していました。

出典:https://i1.wp.com

 

その他にも國村隼、柄本明さんなどの実力派俳優も出演しています。見るのが楽しみなキャスト陣ですね!

 

花のあと動画のあらすじネタバレ

 

東北の海坂藩の、組頭である父寺井甚左衛門の1人娘である以登は、幼少の頃より剣術を習い、道場でも誰も以登にはかなわず男顔負けの腕前です。そんな以登は桜の季節に下級武士である江口孫四郎という男性に声を掛けられます。孫四郎は藩一の剣術の腕前で一度手合わせをと約束して別れます。

 

以登はどうしても孫四郎と一度だけ手合わせをしたいと父に頼み込み、ようやく孫四郎との手合わせが実現します。その最中、以登は孫四郎に恋心を抱いていることに気付くのでした。以登はさすがに藩一の腕前の孫四郎には手合わせで負けましたが、孫四郎は以登を女だと手加減せずに、真摯に向き合ってくれたことが嬉しく、忘れられない存在になっていきました。しかし、以登にも孫四郎にも許嫁がおり、以登はこの恋をあきらめるほかありませんでした。

 

やがて孫四郎は加世と結婚し婿入り、江戸に詰めていました。しかし、以登の耳に孫四郎が自ら命を絶ったとの知らせが入ります。不審に思った以登は、許嫁の才助の力を借りて、真相を知るべく動き始めます。調べていくと、加世と不倫をしていた藤井勘解由という藩の重鎮が、孫四郎をだまして恥をかかせ、切腹するよう仕向けていたということがわかったのです。

 

以登は勘解由に復讐しようと動き出します。勘解由が様々な悪事を行っていたことも突き止め、その事実を突きつけ勘解由を呼び出します。負傷しながらも、居合いの名手である勘解由を切り倒し見事復讐を果たした以登。以登は才助の元へ戻り結婚します。そして藤井家は数々の不正が明るみに出てお家おとりつぶしとなったのでした。

 

また桜の花が咲く季節がやってきて、以登は花見に出かけますが、なぜか満開の桜にさみしい気持ちを感じます。以登はその後夫を支えながら暮らしていくのでした。以上が花のあとのあらすじです。

 

花のあと動画の評価・感想

 

花のあとの評価や感想を見ていきたいと思います。全体的に物静かな雰囲気の映画ですが、演じる俳優たちの表情や、動きのある見事な殺陣、効果的に日本の美しい風景などを随所に散りばめたことで、映画を観ている人の心を惹きつけたようです。高評価の感想が多かったです。

 

初めて時代劇に挑戦したということで、主演の北川景子さんに関してはその演技が素晴らしかったという意見と、セリフが棒読みに聞こえたという意見とに分かれたようです。しかし、やはり北川景子さんの美しさと凛々しさ、かっこよさがよかったという声の方が多かったようです。北川景子さんも苦労して練習を重ね、殺陣にも挑んだということもあり、そういった視聴者の評価があったように思います。

 

特に評価が高かったのは、以登の許嫁である才助を演じた甲本雅裕さんの演技です。冴えない男のようで実はとても有能な男、そして以登を陰ながら大切に思っている、そういった難しい役をこなせるのは彼しかいないとの絶賛の声が挙がっています。名脇役として数々の映画やドラマに出ている彼ならではの演技ですね!

 

以上、映画花のあとについて詳しく見てきました。日本映画の美を活かした映画であり、北川景子さんの美しく凛々しい剣士姿も見られるということで、北川景子さんファンにとっては見逃せない映画ですね。見た後に少し物悲しくも、余韻に浸れるという映画花のあと。ぜひ動画を無料で楽しんでください!

北川景子さん出演の映画探偵はBARにいるの動画無料視聴についてはコチラ

北川景子さん主演のドラマ家売るオンナの動画無料視聴についてはコチラ

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS