映画利休のたずねよの動画を無料視聴する方法を、あらすじのネタバレも含めてご紹介します。利休にたずねよは2013年に市川海老蔵さん主演で公開された映画です。海老蔵さんの父市川團十郎さんと海老蔵さんが最後の親子共演となったこの作品の動画を無料でぜひ視聴して楽しみましょう!ネタバレ注意です!

出典:http://eiga.k-img.com

 

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS

 

利休にたずねよ(映画)動画を無料視聴する方法

 

自宅で気軽に映画の動画を無料視聴する方法としてTSUTAYAディスカスをご紹介します。TSUTAYAディスカスには、動画見放題プランや、定額レンタル8プラン、それを組み合わせたプランなどがあり、TSUTAYAの全作品を自宅で気軽に楽しめます。ご自身の視聴環境や利用料金によってプランを選ぶことができます。

 

現在TSUTAYAディスカスでは、月額2417円の見放題&借り放題プランが30日間無料キャンペーンをやっています。それを上手に利用して利休にたずねよの動画の無料視聴を楽しみましょう!

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS

 

利休にたずねよの登場人物とキャスト

 

利休にたずねよのキャストを紹介します。主人公の千利休を演じるのは市川海老蔵さんです。千利休は茶道に大きな影響を与えた人物であり、美的感覚に優れた人物です。秀吉の茶頭を長年つとめていましたが、最後には秀吉に切腹を命じられます。そんな波乱に満ちた人生を送った千利休を演じる市川海老蔵さんは、有名な歌舞伎役者です。映画では出口のない海、一命などで主演、2003年にはNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」で主演を務めました。海老蔵さんの思いを綴ったブログはよく話題となっていますね。

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

 

利休の妻である宗恩を演じるのは中谷美紀さんです。宗恩は利休の一番の理解者であり、気の利くとても賢い女性です。演じる中谷美紀さんは1993年に女優としてデビューし、その後は映画「リング」「らせん」、人気ドラマ「ケイゾク」などに出演しました。2006年には「嫌われ松子の一生」で第30回 日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど実力派女優として知名度をあげました。

出典:http://nasore.com

 

織田信長を演じるのは伊勢谷友介さんです。伊勢谷友介さんは東京藝術大学在学中にモデルとして活動、その後映画「ワンダフルライフ」で俳優デビューを果たします。映画「あしたのジョー」や「十三人の刺客」、大河ドラマ「龍馬伝」などに出演、その整った顔立ちと演技力と存在感で人気俳優となっています。

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com

 

天下統一を成し遂げた豊臣秀吉役を大森南朋さんが演じます。秀吉は青年期、壮年期、晩年期と全く違う顔を持つ人物なので、演じるのにも演技力が必須ですね。それを演じる大森南朋さんは実力派俳優として様々なドラマや映画に出演しているので、どんな演技を見せてくれているのか興味が湧きますね!

出典:https://contents.oricon.co.jp

 

その他にもおさん役を成海璃子さん、石田三成役を福士誠治さん、高麗の女の役をクララさんなどが演じています。注目すべきは、若い頃の利休の師の武野紹鴎役として市川團十郎さんが出演していたことです。利休にたずねよが公開された同年市川團十郎さんは亡くなり、最後の親子共演となりました。海老蔵さんも共演できたことに感謝していたということです。

 

市川海老蔵さんのブログが人気!小林麻央さんへの思いとは?

 

市川海老蔵さんの、6月に亡くなった妻小林麻央さんへの思いを綴ったブログが話題となっていますね。海老蔵さんは麻央さんの乳がんを公表してから、麻央さんの闘病についてもブログで綴っていました。

 

市川海老蔵さんは1977年に父市川團十郎さんの長男として産まれました。祖父も有名な歌舞伎役者です。海老蔵さんは歌舞伎役者でもあり、映画「出口のない海」で主演を務めるなど俳優でもあります。2004年に十一代目市川海老蔵を襲名しました。幼少の頃より歌舞伎の舞台に立ち、2000年には五代目尾上菊之助、二代目尾上辰之助とともに「平成の三之助」と呼ばれ、歌舞伎界に新たな道を開きました。

 

若い頃はかなりやんちゃで、暴行事件に巻き込まれたりや、隠し子がいることが発覚するなどいろいろありました。2010年にフリーアナウンサーの小林麻央さんと結婚し、その後長女と長男が誕生します。2016年6月に小林麻央さんが乳がんと闘っていることを公表してからは、ブログに麻央さんの写真と頑張って治療に励む様子などを綴っていました。今年6月に麻央さんが死去してからは、麻央さんがいなくなって辛い気持ちや、どれだけ愛していたかという思いも率直に綴っています。

 

海老蔵さんのブログには多くの励ましのコメントや共感できるなどのコメントが投稿されています。海老蔵さんにはこのブログが、麻央さんを失った悲しみを癒す支えになっているようです。今後も率直な気持ちを聞かせてほしいですね。

 

利休にたずねよ動画のあらすじネタバレ

 

嵐の夜、秀吉に切腹を命じられた千利休は、白装束を身にまとって切腹の準備を整えていました。利休はふと若い頃に思いを馳せます。

 

19歳の頃の利休は街に出て遊びほうけていました。そこで高麗から貢物として連れられてきた女性と出会います。その美しさに魅了された利休は、師匠の武野紹鴎の指導を受けながら高麗の女の世話をします。高麗の女との別れの時が近づいてるとわかった利休は、高麗の女を連れ出し逃げ出します。一緒に心中しようと毒を飲もうとしますが、利休だけは飲むことができなかったのでした。高麗の女は利休に生きてと最後の言葉を残していました。

 

利休の切腹21年前、献上品の品定めをしていた織田信長のもとに、ただの黒い硯箱をもって宗易(利休)がやってきました。家臣たちが宗易を馬鹿にする中、宗易は硯箱の蓋に、障子を開け竹筒から水を注ぐと満月がきれいに映っていました。信長は感動して金を宗易に与えました。

 

信長の茶頭となった利休。利休には独特の美意識があり、その美意識を信長は深く敬っていました。秀吉は信長の怒りを買い、追い詰められていた時に利休の元を訪れます。最後に利休のお茶を飲みたいと。利休は梅干しを秀吉に差し出すと、秀吉は百姓だったころのことを思い出します。生きている喜びをお茶とともに味わうよう利休が伝えると、秀吉は頭を下げるのでした。

 

信長が死に、秀吉は天下統一を成し遂げました。しかし、秀吉は遊びにふけっていました。利休は利休の待遇に不満を持った秀吉の家臣らからあらぬ告げ口をされます。秀吉の朝鮮出兵に関して異を唱えた利休は、秀吉により大規模な茶会の席で馬鹿にされます。利休の弟子の山上宗二が秀吉の陣を訪ねてきました。しかし、秀吉の無礼な振る舞いに怒りを覚えその場を去ろうとした山上に対して、秀吉は怒ります。利休は秀吉に許しを請いますが、山上は斬殺されてしまいます。

 

秀吉から利休の娘のおさんを側室にすると申し出がありました。宗恩はそれを断ります。おさんは父の姿を見て幼い頃の楽しかったことを思い出し、首を吊ってしまうのでした。利休は悲しみ、宗恩へも辛い思いをさせたことをわびます。

 

秀吉は利休に蟄居を命じ、利休が常に大事にしていた緑の香合を渡せばすべてを許してやると言いますが、利休は私が額突くものは、美しいものだけでございます」と答えるのでした。

 

利休は切腹をする間際、緑の香合から高麗の女の小指を取り出し燃やしました。そして茶を点てて飲み干すと潔く切腹をしました。以上が利休にたずねよのあらすじです。

 出典:http://umscd.jp

 

利休にたずねよ動画の評価・感想

 

利休にたずねよの視聴者の感想を見ていきたいと思います。キャストに関しては好き嫌いがはっきり分かれた映画のように思います。特に主演の海老蔵さんに関しては、悪いイメージを持っていた人もいたようで、利休のイメージに合わないと考えてキャスティングミスという声もありました。しかし、やはり映画を観た多くの人は、海老蔵さんの存在感やその佇まい、演技の素晴らしさに海老蔵さんを絶賛する声が多かったようです。

 

この映画の原作者自らが利休は海老蔵さんしかいないと考えており、海老蔵さんに何度も断られながらも主演をオファーし続けて、ようやく実現した映画だそうです。海老蔵さんの代表作と言っても過言ではありませんね。

 

内容に関しては、史実と異なる部分が多く不満であるというレビューもあるようですが、映像も美しく、上品で、最後には深い悲しみとともに人を感動させる映画であるという感想もあります。実際に見てみたい衝動にかられる映画ですね。

 

以上、利休にたずねよについて詳しく見てきました。海老蔵さんの演技だけでもこの映画を観る価値はありそうな気がしますね。普段こういった映画は観ない方にもおすすめしたい映画です!

感動の映画ムーンライトの動画無料視聴についてはコチラ

歌舞伎役者中村獅童出演の映画「いま、会いにゆきます」の動画無料視聴についてはコチラ

視聴はコチラ
>>>TSUTAYA DISCAS