篠原涼子さん主演で大ヒットした『ラストシンデレラ』。2013年に放送され多くの女性に支持されたドラマですがこの動画が1話から最終回まで無料で視聴できます。無料動画は違法なものや危険なものもあるので安全なサイトを選らんで下さいね!ここでは『ラストシンデレラ』がヒットした理由や1話から最終回までの視聴率を紹介します。

 

『ラストシンデレラ』FODで無料視聴する方法

 

フジテレビが運営する動画配信サービス“FOD”。

もちろん『ラストシンデレラ』も視聴できます!

視聴するにはFODプレミアムへの登録が必要です。月額888円(税抜)で対象作品が見放題。1話から最終回まで全話視聴することが可能です。

そして今なら初回限定の31日間無料キャンペーンを実施中です。期間内に解約すれば月額料金が無料!ということは『ラストシンデレラ』全話無料で視聴できて、ついでに見たかった作品も一緒に見られるということです。

気になった人は是非FODのホームページをチェックして見て下さい。

視聴はコチラ
>>>まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

(※金額・期間など2017年7月8日調べ)

 

『ラストシンデレラ』ヒットの理由はどこに?

 

主人公は、彼氏いない歴10年に“おやじ女子”の桜(篠原涼子)が15歳年下の広斗(三浦春馬)と出会い、恋に仕事に奮闘する大人のラブコメディでした。

お色気たっぷりの番組公式のYouTube動画は約1ヶ月で再生回数約200万回を記録するほどだったそうです。

また公式ホームページでは、最終回で桜が広斗と凛太郎(藤木直人)のどちらを選ぶかという投票が第10話放送後から最終回放送中まで実施され、その数約375万票!

 

出典:http://mettagiri.blog.so-net.ne.jp/

 

結果、広斗49%・凛太郎50%と互角だったそうですが、最後までどちらを選ぶのか分からない展開も注目を集める結果になったかもしれませんね。

そして、特に注目だったのはお色気シーンですね。年々自粛傾向にあるテレビ業界。制作側は賛否両論あることは予測していたそうですが、「批判を恐れていては話題に上がらない」という思いもあったそうです。

結果、大人の女子たちの支持を受け、逆に新鮮さを感じられたようです。私自身も当時、社内のランチタイムには『ラストシンデレラ』のお色気シーンが話題になりました。

そのお色気シーン、健康的で卑猥な感じがしなかったとのも特徴であまり激しすぎると気軽に話せなくあるそうです。

分かりやすくいうと“ドリフのお色気コント”のような明るさがある。なるほど、その表現バッチリといまさらながら思いました(笑)。

⇒『ラストシンデレラ』相関図や魅力はコチラ 

 

イケメンとの三角関係が羨ましい!『ラストシンデレラ』の視聴率は?

 

http://news.ameba.jp/

 

2013年に放送された篠原涼子さん主演のドラマ『ラストシンデレラ』。平均視聴率は17.8%。

そして最高視聴率は最終回で20.9%、桜が広斗のもとへ駆け寄ったクライマックスシーンでした。

こんなイケメン二人のどちらかを選ばないといけないなんて想像しただけでキュン死しそうですね。

最高視聴率をむかえたラストシーンですが初回からの視聴率はこちら

1話                      13.3%

2話                      14.4%

3話                      14.4%

4話                      14.5%

5話                      14.9%

6話                      15.0%

7話                      15.7%

8話                      14.8%

9話                      15.9%

10話                    16.1%

11話(最終回)   17.8%

(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

シンプルでベタなラブストーリーが20代~40代の女性たちにウケ、この視聴率になったと言われています。タイプの違うイケメンとナチュラルで可愛らしい桜、そして周りの友人達もいい味だしていて最高の作品でした。

視聴はコチラ
>>>まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

⇒三浦春馬『恋空』無料視聴方法はコチラ