7月13日から始まるドラマセシルのもくろみは、唯川恵さん原作で様々な女性のリアルな姿を描く物語です。ドラマの脚本は、多くの有名作品を手掛けている脚本家ひかわかよさんです。では、ひかわかよさんはどんな脚本家なのか詳しく見てみましょう!

出典:https://pbs.twimg.com 

ひかわかよさんはどんな人物?

 

ひかわかよさんという名前を聞いてもまだピンとこない方も多いのではないでしょうか?私も今回セシルのもくろみの脚本を担当すると言うことで、初めて名前を知りました。どういった人物なのでしょうか?

 

ひかわかよさんは2008年に初めて脚本を担当しました。戦場のなでしこ隊というテレビドラマで、特攻隊を題材にした物語です。2008年にデビューということで、これからが期待される若手脚本家だと思われます。経歴については詳細な情報がまだありませんでした。今後の活躍次第で経歴も明らかになっていくかもしれませんね。

 

ひかわかよさん脚本の作品がすごい!

 

ひかわかよさんが今まで脚本を書いてきたドラマの中には、話題になった作品がたくさんあります。では、担当したドラマをいくつか見てみましょう。

 

・救命病棟24時 第5シリーズ

・医龍4

・新・ミナミの帝王 美人詐欺師の罠

・嫌われる勇気

 

作品一覧を見てみると聞いたことのあるドラマも多いのではないでしょうか。救命病棟24時医龍4は人気シリーズでしたね。いずれも2人で脚本を担当しているようなので、まだまだ若手のひかわかよさんに人気ドラマの脚本を担当させて、成長させたいという思惑もあったのかもしれませんね。

 

嫌われる勇気もアドラー心理学について話題になったドラマです。このドラマも担当していたのかと驚きました。セシルのもくろみもどんな内容になるのか期待して見ていきたいと思います!

ドラマセシルのもくろみの基本情報

 

7月13日木曜日22時からスタートするフジテレビ系列の新ドラマセシルのもくろみについて詳しく見てみましょう。主演は真木よう子さん、その他のキャストには吉瀬美智子さん、伊藤歩さん、板谷由夏さん、長谷川京子さんと豪華な女優陣がたくさん出演しますね。

 

原作はファッション誌「STORY」で連載されていた唯川恵さんの同名小説です。唯川恵さんの作品は、リアルに女性の心を小説で再現し、女性にとても人気のある作家ですね。そんな物語を豪華な女優で再現してくれるのはとても楽しみです!

 

主人公の宮地奈央は家族の幸せが自分の幸せであると考えるような平凡な主婦です。どちらかというと体育会系の威勢のよい女性です。そんな奈央がある日人気女性ファッション誌に読者モデルとしてスカウトされます。今まで生きてきた人生とは全く違う世界に足を踏み入れたことにより、新たな自分の生き方に目覚めていくというストーリーです。どんなふうに奈央が変わっていくのか注目して見ていきたいですね!

 

以上、ドラマセシルのもくろみの脚本家ひかわかよさんとドラマの基本情報について詳しく見てきました。様々な生き方の女性たちの中でもまれ、成長していく主人公がどう変化していくのか特に女性には興味深いドラマですね!

セシルのもくろみのあらすじについてはコチラ

セシルのもくろみに出演予定の長谷川京子さんの疑惑についてはコチラ