人気俳優の高橋一生さんですが、“高橋一生滑り落ちる”と“カゴ当たる”といたシーンが話題ですよ。

ドラマ『カルテット』の中で高橋一生さんの頭にカゴが当たっちゃいます。

どこでカゴ当たるのか動画で確認してみて下さい。

ドラマ『カルテット』で忘れられない人物アリスも“高橋一生滑り落ちる”シーンと一緒に紹介していきます。

 

カルテット家森諭高役の高橋一生ががっこいい

 

理屈っぽくて器の小さな家森を演じるのが今大注目の俳優、高橋一生さんです。

1980年12月9日生まれで今年37歳です。

1990年に子役でデビューし数多くのドラマや映画に出演しています。

デビュー作の『ほしをつなぐもの』はビートたけしさん主演で初のプロデュース作品だったそうです。

昔はふっくらしていてますね。

 

 出典:https://twitter.com/

 

そして1995年のジブリ作品『耳をすませば』で声優をされていました。

それも主人公の少女が恋する少年です。

つい最近その事を知って作品を見返しちゃいました。

この事をきっかけに本格的に俳優を目指したそうですよ。

私が初めて高橋一生さんの演技に胸キュンしたのは2016年放送された『わたしに運命の恋なんてありえないと思ってた』でした。

ヒロイン役は多部未華子さんでこの二人の演技が印象的でした。

胸キュンしたい人は是非こちらもチェックしてみて下さいね。

 

カルテット魔性の女性アリス役は吉岡里帆

 

そして忘れてはいけないというより忘れられない人物が“ノクターン”の元従業員である

来杉有朱ですよね。

 

出典:https://mdpr.jp/

 

一言でいうと“魔性の女”でしょうか(笑)

元地下アイドルの彼女の目は全く笑ってなかったですね。

 

ある日アリスが別荘を訪ねてきてすずめに恋愛テクを伝授していたシーンがありました。

・告白は子供がするもの、大人は誘惑するもの。

・男性と女性の距離はペットボトル1本分を保つ…などなど

みなさんアリスの恋愛テク参考になりましたか…?

 

過去のあだ名が“淀君”やクラスの学級崩壊など強烈な過去を持つ女性でしたね。

最終話でもその強烈キャラは健在で4人のコンサートにイケメン外国人と高級外車から現れ

「人生、チョロかった!」と登場しましたよね。

 

2015年の『明烏』も強烈キャラでしたので興味がある方は是非チェックしてみて下さい。

前回のドラマ『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』からCMやドラマと活躍されていますが今後の活躍も期待したいと思います。

 

ドラマ カルテット雪山でのシーンが神がかってる!

 

『カルテット』第7話での雪山のシーンが話題になっていますね。

高橋一生さん演じる家森と吉岡里帆さん演じるアリスが雪山でサルを探すシーンです。

 

出典:https://togetter.com/

 

雪道を歩く家森が足を取られ斜面を数メートル滑り落ちてしまいます。

それも真っ直ぐ姿勢よくすべるんです(笑)。

ここまでは演出だったかもしれませんが滑ったあとに捕獲用のカゴが頭にコツンと当たりました。

なんとも言えないタイミングの良さと、コントの様なシーンにネット上では

・偶然?キセキ?

・笑いの神がおりてきた!といった声があがっていました。

 

いろいろな表情をもつ高橋さんですが『カルテット』ではコミカルな演技で毎回視聴者を楽しませてくれましたよね。

滑り落ちるシーンはイラスト化する人まで現れたそうですよ!

⇒カルテット 時間軸の考察ブログ。高橋一生やティッシュのヒントとは?はコチラ 

⇒カルテット あらすじ1話から最終話まで!動画を無料で見る方法も はコチラ

 

高橋一生さんの滑り落ちるシーンはコチラから無料視聴できますよ!!

カルテットを見逃した!動画を無料で見る方法

火曜ドラマ「カルテット」を見逃しても大丈夫♪動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信されています。31日間無料キャンペーン600ポイントがもらえるので、カルテット1話分を実質無料で見ることができます。お試し期間が長いので、その他映画やドラマ、雑誌なども楽しめます♪

>>>カルテットをU-NEXT無料トライアルで見る