ドラマ就活家族の第7話は、2月23日の夜9時から放送です!こちらでは、就活家族の7話を見逃した場合に、youtubeやデイリーモーションなどで探さなくても再放送を待たなくても、無料でチェックできる方法をご紹介します。7話では洋輔がかつての会社でバカにされたり、新しい仕事の転機が訪れたり…?見逃せません!

就活家族を見逃した!動画を無料で見る方法

ドラマ就活家族を見逃しても大丈夫♪動画配信サービスU-NEXTの31日間無料キャンペーンなら、600ポイントがもらえるので、就活家族1話分を実質無料で見ることができるのでオススメです♪

>>>就活家族をU-NEXT無料トライアルで見る

就活家族7話の予告動画

ホストにハマる母がせつない…終わりが気になる就活家族

ドラマ就活家族は明るいドラマではないので、見ていて辛くなってしまう方もいるようですが、それでも結末が気になります…!

サブタイトル~きっと、うまくいく~からは、最後は家族それぞれが前向きになれる上京になるのでは?と感じるのですが、どうなのでしょうか。

ドラマを見ている方の感想をご紹介します。

P.Yさん

4話では、ホストにはまっていく水希さんが印象的でした。仕事も家庭もしっかりこなしていそうなイメージで見ていましたが、心の拠り所ができて新鮮なような嬉しいような…そんな感じなんでしょうね。一見すれば円満な家族、子供達との関係性も悪くないように見えますが、みんな少しずつ秘密を溜めてしまっている。“みんな失業者”は実際なったら大変なことですが、笑顔で支え合える家族でいてほしいと感じます。

M.Cさん

一家の大黒柱が仕事を失ったときには、なかなか家族に言えないものなんだなと改めて感じました。ましてや、奥さんが旦那さんに頼りっきりになっていたら、なおさらと思いました。
実際、男の人よりは女の人のほうが仕事でもし何かあったら、旦那さんが働いていればと思い、男の人よりは辞めやすいのかなとは思います。だからこそ、お父さんは失業したことをなかなか言えなかったのかなと思いました。このドラマは、男の人と女の人の状況が如実に表されていると思います。実際に、自分の家族がそのようになったらと思ったら、やっぱり言ってほしいなと思いました。

BOさん

主人公、三浦友和さん演じる富川洋輔は大手企業をセクハラの疑いをかけられ退職する事に。
妻(黒木瞳)の水希もまた、内申書の取り違えで引きこもりになってしまった生徒の勉強を見ていたのを校長に止められ、責任を押し付けられ不満を感じていた。
その不満を夫に聞いてもらおうとするも、再就職先が見つからずそれどころでない洋輔は水希の話をちゃんと聞いてあげず。
その悲しさや不満を誰かに聞いてもらいたかった水希はホストクラブへと行ってしまう。
同窓会に向かう途中の洋輔がたまたまその様子を目撃してしまい、動揺。
動揺しながら同窓会に行った洋輔だが再会した同級生久美から洋菓子店の経営の相談に乗ってもらいたいと相談される。
洋輔の娘(前田敦子)は職場で恋愛ごとで上司といざこざ、就職先が決まらない息子(工藤阿須加)も出版社でアルバイトとして働き出すもこき使われ忙しく。
大手企業を退職し再就職先が決まっていない事を家族に話せていない洋輔。
これからが見逃せません。

Y.Tさん

第4話の「就活家族」では、ついに妻の水希(黒木瞳)が、ホストクラブに通ってしまう。
再就職先が決まらない父親の洋輔(三浦友和)は、
家族に打ち明けることが出来るのだろうとハラハラどきどきでした!
この先、どのような展開が待ち受けているのでしょうか。

「人にとって仕事とは何なのか?」「人はなぜ働くのか?」生きることとはどういうことか?」と問いかけるドラマ「就活家族」です。

ドラマ「就活家族」のサブタイトルには、
「~きっと、うまくいく~」となっていますので、
いつかは良くなっていくのでしょうかねぇ

K.Kさん

中途は社会人経験してきてるから、新卒以上の圧迫面接ですよ。
三浦友和のように大企業じゃなくても変にプライドが高い人もいるのでズタズタにされます。
あんな生易しいもんじゃありません
息子位若い人事に喧嘩越しに怒鳴って来る人もいます。
まあ、入社してからの年下上司にどう反応するかを見てるんでしょうけどね。
ただ、黒木瞳も面接で年齢を理由に落とされてましたが、年齢の場合は面接まで行けません。書類で落とされますよ。
自分も経験ありますが、応募以前の問合せの段階で年齢を理由に応募すらさせて貰えませんでしたが。。。やる気はアピールしたんですがね。
前職の退職理由は必ず聞かれますし、前田敦子の面接でのやり取りはそりゃ、ああ言い返されるよね。
かと言ってバイトすら簡単に見つからない、若いのがあぶれてるから若いのから取るから、若い頃はバイトなんてすぐ見つけれたのにバイトすら見つからない。掃除のバイトでもよく入れた方だよ。現実はもっと厳しいからね。

W.Sさん

リストラに遭いながらも家族に言えない富川洋輔(三浦友和)、仕事がつらさからつかの間の安らぎを求めホスト通いする妻の水希(黒木瞳)、職場や就職活動でつらい目に合っている栞(前田敦子)と光(工藤阿須加)。

見ていて悲惨すぎる家族を直視できず、ついチャンネルを変えてしまう場面があります。でも、最後どうなるのか気になるのでもっと悲惨になりそうな予感はしますがドラマを見続けようと思っています。

A.Hさん

1話から見続けていますが、重くて暗い感じで見るのが辛くなってきます。がしかし、続きが気になる、そんなドラマです。家族みんなが上手くいかない中、光や洋輔がバイトを始めこれで少しは落ち着くかと思いきや問題は次から次へとあって今後の展開が楽しみです。

就活家族7話のあらすじ

洋輔(三浦友和)の日本鉄鋼金属退職の理由が、川村優子(木村多江)へのセクハラだったことがわかり、富川家は完全に冷え切った状態に。水希(黒木瞳)は「セクハラをしたことよりも、そんな大事なことを家族に隠してきた貴方に我慢ならない」と、洋輔を避けるように生活を始める。

相変わらず清掃業者での仕事を続けていた洋輔はある日、日本鉄鋼金属のビルに配属される。かつての部下や同僚たちに見つからないよう、息を潜めながら清掃をする洋輔だったが、総務本部長の綿引(神保悟志)が清掃員をバカにするような発言をしたことに激怒。目深にかぶっていた帽子を取り、「お金をもらうために働いていることの何が悪い」と反論する。しかし綿引には「俺が役員になることを妬んでいるのか?」と嫌味を言われてしまい、洋輔は悔しい思いを抱えながら見送るしかなかった。

コンサルタント業の顧客開拓も少しずつながら進んでいた洋輔は、国原耕太(新井浩文)から協力を求められていた障害者施設設立のため、彼を国会議員の竹之内に引き合わせる。行政からの助成金を得るため、竹之内に出まかせを並べる国原を警戒の眼差しで見つめる洋輔だったが…?

学校を辞めた水希は花屋でアルバイトを始め、そこで正社員採用の打診をされる。しかし教育の仕事への未練を断ち切れない水希は返事を保留するのだった。
一方、インターネット情報配信社の採用試験を受けた光(工藤阿須加)は内々定を取得。しかし名古屋の本社勤務の可能性が浮上し、家族が離れ離れになってしまうことに不安を募らせる。さらに、真壁雄斗(渡辺大)との結婚を本格的に考えだした栞(前田敦子)は、洋輔と水希に「真壁と会って欲しい」と頼む。冷え切った洋輔と水希の関係を元に戻そうとする栞と光は…?

そして洋輔に今後の人生を左右する出来事が起こり、大きな決断を迫られることに!

就活家族を見逃した!動画を無料で見る方法

ドラマ就活家族を見逃しても大丈夫♪動画配信サービスU-NEXTの31日間無料キャンペーンなら、600ポイントがもらえるので、就活家族1話分を実質無料で見ることができるのでオススメです♪

>>>就活家族をU-NEXT無料トライアルで見る