gekokujojuken
1月13日の金曜日から始まったTBS系列の新ドラマ下剋上受験、とても明るく楽しいテンポの良いドラマでしたね。阿部サダヲさんの演技は見応えがあり、可愛らしい深田恭子さんとの掛け合いも楽しかったですね。また、子役の山田美紅羽ちゃんの笑顔も可愛らしくて、もう次の週の話が待ち遠しいです!

阿部サダヲさん演じる桜井信一は、大卒の新入社員に担当を奪われるなど、中卒であるがゆえの悩みを抱えていました。そんなある日、娘の佳織に受けさせたテストの結果が偏差値41ということに危機感を覚え、娘を難関中学へ合格させようと一緒に勉強することを決意するのです。さて、その結末は・・・?という興味深いストーリーです。

では、娘の佳織さんの目指していた中学校は、また現在通っている中学校はどこなのでしょうか?また、どのくらいの偏差値の中学校なのでしょうか?興味があったので調べてみました。

ドラマ下剋上受験で受験する中学はどこ?

学校 中学 高校

では、ドラマ下剋上受験で娘の佳織が受験する中学はどこなのでしょうか?

ドラマの中で、佳織が合格を目指す中学は桜葉学園です。偏差値が72と最難関中学ですね!偏差値が70を超えると、なかなか合格するには険しい道のりだと思います。偏差値41からどうやって72まで成績をあげていくのか興味深いですね。

原作の下剋上受験では、桜蔭中学を目指していたようですね。桜蔭中学の偏差値は72から75くらいで、私立の女子校で中高一貫校だそうです。中学入試では、女子御三家といわれており、東大などの有名大学への進学率も高いそうです。すごい中学を受験されたんですね!

下剋上受験、豊島岡女子学園の偏差値は?

原作の下剋上受験の佳織さんは第一志望であった桜蔭中学には残念ながら合格できなかったようです。では、実際の進学先はどこなのでしょうか?

原作では、有名私立で東大合格者が多数いるとのことで、豊島岡女子学園ではないかと言われています。豊島岡女子学園も偏差値は74ほどあり、かなりレベルの高い名門中学ですね。

豊島岡女子学園は、東京都豊島区にある私立の女子高で、中高一貫校です。裁縫専門学校から始まったということで、毎朝運針をしているそうです。なかなか変わった取り組みをしている学校ですね。

豊島岡女子学園出身の有名人

では、豊島岡女子学園出身の有名人にはどんな方がいるのでしょうか?

歌手の内藤やす子さん(中退)や、いろはにこんぺいとやアンコールが3回などで有名な漫画家のくらもちふさこさんなどが豊島岡女子学園出身だということです。さすがに都内の有名中学だけあって、有名人がたくさんいますね。

以上、下剋上受験の受験校や進学先などについて詳しく見てきました。原作では、第一志望の中学には合格できなかったのですが、ドラマではどうなるのでしょうね。ドラマの佳織には頑張って第一志望に合格してほしい気もします。第1話は受験を目指すまでのきっかけが主な内容でしたので、これからどういった展開になっていくのか楽しみですね。